Top > よくある質問 > 皮革・毛皮クリーニングに関するよくある質問

皮革・毛皮クリーニングに関するよくある質問

カビが付いてしまいました、大丈夫でしょうか?

表面に付いているカビは除去可能ですが、革内部まで入り込んでいるカビは除去できません。またカビを除去した跡がキズになったり変色している場合があります。色補正によって修正可能ですが、商品の状態によっては難しい場合があります。

風合いや見た目が大きくかわることはないですか?

天然素材である毛皮、皮革製品は徐々に変化していくものです。クリーニング、メンテナンスは細心の注意をもって行いますが、初洗い等、多少風合いに変化が生じる場合がございます。万が一、洗浄前に予見できない製品の欠陥で生じた変化の場合は責任を負いかねますのでご了承ください。またクリーニングすることにより、お買い求め時の状態に戻るものではありません。

家庭洗濯したら固くなってしまいました。戻りますか?

残念ながら元通りにもどすのは困難だと思われますが、一度状況等をご相談下さい。

ボールペンが付いてしまいました。

しみ抜き、色補正することで修正可能ですが、皮革独自の使い込みによる風合いは変わってしまいます。また起毛製品は風合いが変わってしまうことがあります。

衿や袖口のよごれはキレイになりますか?

皮脂などの汚れはキレイになりますが、汚れが付着していた部分が酸化している場合は元のようにはなりません。色修正等で元に近い状態に復旧することは可能です。

雨にぬれてシミになってしまいました。

シミが酸化し、黄変してしまった場合は色補正による修復が必要になります。

シワは元に戻りますか?

特に動物本来のもっていたシワは製品時に延ばして加工されるのですが、それらが時間の経過とともに戻ってしまった場合は困難となります。

色修正って?

キズや変色などに色を掛けたり、コーティングすることで、目立たなくします。革独自の使い込みにより風合いが変わる場合があります。

毛皮の風合いが悪くなったりしませんか?

シリコーンクリーニングの特性でとても風合いよく仕上がります。

クリーニングのご依頼はこちら